損害の原因で全ては決まる

 

「火災保険は自然災害に適用されることが大前提です」とご説明差し上げるとと殆どの方が「うちは被災していないから」とおっしゃいます、果たして本当にそうでしょうか。日本は特に九州は台風の通り道で雪も降ります。毎年台風に襲われゲリラ豪雨も最近は多発し世界有数の自然災害大国です。その特性からか、多くの人々はある程度の災害に慣れてしまい、「被災した」という自覚を持っていないのではないでしょうか。しかし家は思わぬところで被害を受けている可能性がとても高いのです。 尚あまり知られていませんが、風災補償は台風だけではなく強風・突風なども対象になります。台風という形をしていなくても、風の強い地域では屋根瓦が飛んでしまったり、飛来物が飛んできたりといった被害を受けたことによる火災保険適用は十分可能性があります。

「少しくらい瓦がずれたり、めくれてるくらいなら大丈夫」と油断は大敵です。住宅の損害は放置すると、破損箇所からじわじわと痛みが侵食し土台が腐ったり、屋根瓦が一枚割れただけでもそのヒビから漏れた雨水が下地材に浸透し、雨漏りが発生する可能性も十分考えられます。そんな放置状態が長い間続くと取り返しのつかない大きな金額の補修に繋がることになります。

 

二次被害は対象外です。

 

損害を放置し腐ったり等、発生した二次被害は、実は火災保険の唯一の弱点である”経年劣化”と判断されます。経年劣化とは、自然な使用・時間の消耗による損害であり、予期せぬ災害・事故から家を守る火災保険では補償の対象外です。 損害は放っておけば放っておくほど劣化がどんどん進み、自然災害との関連性がどんどん遠ざかってしまいます。そうなると火災保険適用率はグンと下がり、災害による損害であったはずなのに経年劣化と判断されてしまうケースも多々見受けられます。

本来であれば、火災保険金を適用金を利用して0円工事ができたものが全額自己負担になる馬鹿らしい事を避けるためにも、申請は出来るだけ早めに行う必要があります。例えば台風が通過したとき、ゲリラ豪雨に見舞われたとき、家に妙な違和感を感じたときはすぐに家屋点検依頼を行い、損害箇所に対して保険の申請の意識を持つように心がけたいものです。

 

 

 

 

Return to Top ▲Return to Top ▲